税理士の業務内容とは

税理士の業務内容には大きく3つの業務があります。1つ目は税務官公署に申告する書類を作成することです。自主申告、自主納税の法人税はや所得税、相続税や贈与税は納税者が自分で計算して出すものですが、大変複雑なためそれを代行するのが税理士の仕事です。各種確定申告書、中間申告書、決算書、年末調整などの年次書類の他、月次として伝票整理、総勘定元帳、残高試算表の作成、給与計算、源泉所得納税付書の作成などがあります。2つ目は納税者に代わり税務署に対して納税や申告を行う税務代理です。申告後の税務調査や税務調査の立会も業務内容になります。3つ目としては税金に関する相談にのることです。税務相談とともに経営相談に応じることもあります。

歯医者の料金ってどこも同じ?

FTC株式会社のサイト

FTC株式会社のサイト

敷金 相談 返金

http://www.perfectfucoidan.com/lp/index02.html

最新投稿